自律神経失調症は甘えじゃない|真面目な人がかかりやすい病気

摂取物に警戒して

病棟

がんといえば誰しもがすぐに胃がんを思い浮かべるほど、胃がんはがんの中でも代表的ながんです。日本人には特に多いのが特徴の一つで、少し前までは患者数や志望者の数が最も多いがんとされてきました。しかし、現在は胃がんに対する様々な研究や治療方法が功を奏しているため、双方とも減少しています。特に死亡率はここ30年で半減しており、その効果の高さがうかがえます。胃がんになる原因はさまざまですが、最近ではヘリコパクター・ピロリと呼ばれる細菌が胃がんを誘発していることが分かってきています。そのため、胃がんの予防として、ピロリ菌駆除を推奨している病院も少なくありません。ピロリ菌がいるか否かの検査も受けるようにするべきです。また、喫煙をしている人にも胃がんを発症している人が多いのも特徴です。日常的に喫煙をしている人は非喫煙者に比べると胃がんになる確率が約4倍になるとされています。喫煙の習慣がある人は、定期的に胃の検査を受けるように心がけるのが望ましいでしょう。

胃がんを予防するには危険因子をよく理解しておいて、その危険因子を排除するのが最も有効です。まず、万病の原因となるのが喫煙です。喫煙を日常的にしている人は本数を減らす、そして最終的には辞めるというのが万病に対する最優先の予防法です。胃は消化器官の代表的なものですから、食べ物も当然危険因子の一つとなり得ます。様々な食品に含まれる食品添加物はがんの発生を促進するものも中には存在します。できるだけそういった食品添加物が含まれていないものを選ぶのも有効な予防法です。また、極端に味が濃いものや熱すぎるもの、冷たすぎるものも胃への刺激が強くなるために発祥のリスクが高まります。特に塩分の多いものは発症リスクを大きく上げるので、塩分を控えるように心がけましょう。